本文へスキップ

終活 総合サポート


未来の素敵な自分に伝えたいことがある・・・
大切な家族に伝えたいことがある・・・

○○○○○○○○イメージ終活してますか?
この問いに、一体何人の人が答えられるでしょうか?

『終活』と言っても抽象的すぎて、一体何をしていいのか明確に理解されている方はほとんどいないのが現状です。

だからと言って何も対策をとらなくて本当にいいのでしょうか?

一日一日、
確実に「老い」は近づいてくるのです。

もし体の自由がきかなくなったら? 認知症になったら? 財産の問題は?

など、これから自分が生活していく上での様々な不安や心配事をどのように自分自身で整理整頓していくか。予防や対策をしていくか。これが「老い支度」です。

核家族化による現代の生活は、家族が支え合って生きていくスタイルから、自分の生活は自分で作り上げる「自分生活スタイル」に変わっています。

明るい未来を切り開き、老後、自分らしく充実した生活を送るためには、しっかりした老後の人生プランと対策が必要となります。

自分にもしものことがあった場合に、自分自身はもちろんですが、家族が困らないように準備しなければなりません。
家族と、介護状態になった時のことや、財産状況のこと、人生最期のことなどを事前に話すことはとても大切なことで必要不可欠であるにもかかわらず、現実は避けて通りたいことと位置づけられています。

現状をしっかり把握して「死」や「介護」から目をそらさず、確実に見据えて行くことで明るい人生が見えてきます。

普段の生活の中でほんの少し立ち止まって過去の自分と、未来の自分を見つめ直してみてはいかがでしょう。きっと自分の歩むべき道が見えてきます。

終活『老い支度』は自分の歩む道探しです。

一体何をしたらいいの?
 

終活には様々あり、多岐にわたりますが、代表的なものとして・・・・
◆葬儀やお墓のことについて
 生前相談、予約などについて
 遺影の準備について
 お仏壇はどうしたらいいのか?
 お墓の準備はどうするのか?

◆成年後見や契約に関すること
 見守り契約について (一人暮らしの生活の不安 対策)
 財産管理委任契約 (自分の財産をどう管理していくか)
 任意後見契約 (精神障害がおきた場合に備えといて)
 死後事務委任契約 (自分の死後の手続は誰がやってくれるのか)

◆自分のライフプランに関することについて
 ライフプランを立てて、これからの生活の資金などを把握したい。
 保険の見直しや、住宅環境の見直しをしたい。
 介護施設など入所することを検討したい 

◆健康管理について
 日頃から自分の体について家族と話あっておきたい
 かかりつけの医者や服用している薬について家族と共有

◆相続対策等について
 遺言書の作成
 エンディングノートの作成
 財産管理 財産整理



 ※プランによっては長期間の対策期間が必要となる場合もあります。ご家族と共に進めて行きます。
 ※相談、見積は無料ですが、資料収取費用等、実費相当額はかかります。


 
 まずはお気軽にお問い合わせください。

 電話 0776-21-3550(日、祝も転送にて受付中)
  青木行政書士事務所 老い支度総合支援事業部 
  メールはこちらから






バナースペース